ファイアウォール設定

WindowsXPのファイアウォール設定について説明します。

設定の項目で、すでにブロック解除された方は以下作業必要はありません。
ウイルスソフト設定ルータ設定の項目へ行き各自必要な作業を行って下さい。

それでは説明します。

まず、デスクトップのVNCサーバのアイコンをダブルクリックして、VNCを起動してみて下さい。
※デスクトップにVNCのショートカットが無い方は、設定を参考にショートカットを作成しておきましょう。

ファイアウォール ブロック解除

上記のような画面が表示されたら【ブロックを解除する】を選択して下さい。
これだけでVNCはWindowsファイアウォールの例外ルールに設定され、このプログラム使用時は、何番ポートでも使用可能になります。

上記画面が表示されない場合は手動で解除しなければいけませんので、下記設定を行ってください。

まずスタートメニューを開きコントロールパネルクリックします。

コントロールパネル ファイアウォール

コントロールパネルにある【Windows ファイアウォール】をクリック。
※Windowsファイアウォールが表示されていない場合は、左上の【カテゴリ表示に切り替える】をクリックすれば上記画面を表示することが出来ます。

ファイアウォール設定

有効にチェックが入っていることを確認して、画面上部の【例外】タブをクリック。
※例外を許可しないのチェックを必ず外すこと。

ここで無効を選択するとこれ以上の設定は何もいりませんが、不正アクセスを受ける可能性が高まってしまいますのでお奨め出来ませんが、ウイルスバスターなどのファイアウォールを装備しているウイルスソフトを導入されている方は、ここは無効にしてしまってもいいと思います。

ファイアウォール設定 プログラムの追加

【プログラムの追加】をクリック。

ファイアウォール設定 プログラム選択

【参照】をクリック。

ファイアウォール設定 プログラム選択

画面上部の下向きの矢印をクリックしてインストール先フォルダを選択します。
インストール時に何の変更もしていなければ、【Cドライブ】 → 【Program Files】 → 【RealVNC】と進むと上記画面が表示されます。

【winvnc4.exe】を選択して【開く】をクリック。

ファイアウォール設定 プログラム確認

選択したプログラムを確認して【OK】をクリック。

ファイアウォール設定 プログラム完了

もう一度【OK】をクリック。

以上でWindowsXPのファイアウォール設定は完了です。

ファイアウォールを装備したウイルスソフトや、ブロードバンドルータを導入している方は、続けてそれらの設定も必要になります。

VNC

環境設定

ドメイン

Information

知っ得豆知識

  • プログラムを指定して
    ポート開放する!

Windows XP(OS)のファイアウォール設定の仕方は3通りあります。

@プログラムを指定したFW設定
Aポート番号を指定したFW設定BFW無効設定
※FW(ファイアウォール)

通常ファイアウォールを解除したい場合は、左記で解説しているように、1のプログラムを指定たファイアウォール設定を行うことをお奨めします。

この方法で、ファイアウォールを解除した場合は、そのプログラム起動時にしか、ファイアウォールは解除されませんが、ポート番号を指定して、ファイアウォールを解除した場合は、常時そのポート番号のファイアウォールが解除されてしまいます。

さらにファイアウォールを解除したプログラム起動時には、そのプログラムの何番ポートを使用しても、使用可能です。ポート番号を指定して解除した場合は、使用しているプログラムで、ポート番号を変更するたびに、OSの開放ポート番号も変更しなくてはなりません。

上記のような理由から、通常の場合は、左記のように、プログラムを指定したファイアウォール設定を行うことをお奨めします。