ウイルス対策ソフト設定

VNCを使用するにあたって、ファイアウォールを装備したウイルスソフトを導入している場合は、ウイルスソフトのファイアウォール設定(ポート開放)をしなければいけません。

ここでは、トレンドマイクロ社のウイルスバスター2008を使って説明します。

まずデスクトップにあるウイルスバスターのアイコンをダブルクリックして、ウイルスバスター2008のメイン画面を表示させます。
※デスクトップにウイルスバスターのアイコンが無い場合は、タスクトレイのウイルスバスターのアイコンをクリックします。

ウイルスバスター2008 メイン画面

画面左の、不正侵入対策/ネットワーク管理をクリック。

ウイルスバスター2008 設定

パーソナルファイアウォールにチェックが入っていることを確認して、設定をクリック。

ウイルスバスター2008 プロファイルの変更

現在のプロファイルを確認して、プロファイルの変更をクリック。

ウイルスバスター2008 プロファイルの編集

先ほど確認したプロファイルを選択し、編集をクリック。

ウイルスバスター2008 例外ルール(プログラム)追加

画面上部の例外ルール(プログラム)を選択し、追加をクリック。

ウイルスバスター2008 詳細設定

上記のように設定します。

説明:自分が分かりやすいように、今回の設定に名前をつけます。

対象:指定のプログラム。参照をクリックして、許可したいプログラムを選択します。

設定:簡易設定。

処理:許可

入力したらOKをクリック。

ウイルスバスター2008 設定確認

一覧に今回の設定内容が表示されていますので、チェックボックスにチェックが入っていることと、処理が許可になっていることを確認し、OKをクリック。

上記画面に戻るので、OKをクリック。

ウイルスバスター2008 設定反映

最後にもう一度OKをクリックして設定完了です。

ブロードバンドルータを使用している方は、引き続きブロードバンドルータの設定が必要になります。